ヒューマンセンタードデザインとしてマイクロイタラクション

スマホの画面は小さくて文字や画像だけでは、表現が乏しくなるため第3の表現としてマイクロイタラクションを必要になります。
ヒューマンセンタードデザインのアプローチ方法の一つとしてマイクロイタラクションがありますが静止画では表現できないユーザーに適切なガイドとステータスを伝えることができます。これにより紙ベースのデザインにありがちな「次どうしたらいいの?」が解消されます。

従来のWEBデザインはページ単位のPOST GETの世界でしたがコンテキストを維持する為にシームレスにコンテンツを連動する必要がありこういった手法が必要になってきています。

制作者もそろそろレスポンシブデザインに限界が見えてきているのはいなめないでしょう。
今後、ヒューマンセンタードデザインをとらえて「PWA」と「マイクロイタラクション」が主流になるでしょう

Relate https://ferret-plus.com/5474