ホームページのメディア化について

昨今では、テレビ番組のネット化が騒がれていますがホームページも従来の紙の代替からメディアと変化の兆候があります。

ウェブサイトといえば、従来 会社案内あるいは商品の紹介というコンテンツでしたがこれらのベースになるのは昔ながらの紙の会社案内やチラシ・パンフレットです。

ウェブサイトをメディアと捉えるとコンテンツ自体の形態も記事(新聞等)、CM、番組というベースで形で制作することになります。
実は、これらの意識の変化はすでに閲覧者の中で始まっておりYoutubeに夢中になったり新聞の代わりとしてキュレーションサイトを閲覧するというよう利用の嗜好の変化伺えます。

今後、ウェブサイトのコンテンツの構築をするにあたりこの根本的な部分を変えることは従来のあり方を一新するということになります。

今後はあらゆる面でライブ配信など番組を模したウェブサイトのメディア化が進んでいくでしょう。