ウェブサイトはコデックスかボリュームか

 ウェブサイトはコデックスかボリュームか

532335_385522304860605_1733044867_nウェブページをスマホなんかで見ているとスクロールが延々続くみたいなデザインを最近よく見かけるけど『これって昔の絵巻物感覚だよなぁ』。ただ通常のユーザーは必要がない限り3スクロール以上は見ない傾向も聞かれます。
そもそも今のコデックスの書物は新約聖書が最初だと聞いています、それ以降、活版印刷やらでこのコデックス形式が爆発的に普及しています。いわゆる今の書物の形式だ ボリューム型はいわゆる巻物でなんかゆっくり時間が過ごしたした時代。これも趣きがあるので捨てがたい。

反対にコデックスはやはり索引としての機能が優れているので何ページの何行みたいにすばやく必要な場所を見つける事が出来きます。 どっちが優れているかという話は置いておいて、読む人が上から下までがっつり読むのか、必要なものを素早く見つけたいかによります。

ウェブサイトも同様でユーザーにがっつり読んでほしいのかはたまた素早く情報を引き出してほしいかよってスクロールタイプかワンページデザイン(SPA)にするかの選択となります。 一方アプリはどうかというとスクロールを嫌いページで完結するデザインになっています。必要な情報は頁を替えたりたりダイアログなど使って表現しています。 この傾向は、徐々にウェブサイトにも適用されAjaxやダイアログ利用しこれらの表現にする傾向になってる模様。将来、ウェブサイトもアプリのようなUI/UXデザインになるかと想像されます。