エディトリアルデザイン

  エディトリアルデザイン

実際たくさんの情報の伝達するためにはPCの画面は有効でありましたがモバイルの端末になって表現できる量が制限されその中でより端的に伝達する必要が増しています。
また、モバイルとPCではユーザーに対する情報の伝達の切り口も異なりよりモバイルでは直接的な情報のPUSHが必要となってきている。これは、小説や随筆など書物と雑誌の違いに似ています。腰を下ろしてじっくり読む小説などと違い雑誌は、より直接的に情報をPUSHしているところに似ています。 残念なことに昨今、レスポンシブデザインという手法で制作されているウェブサイトはパソコンで表示されている情報を段組みを変えて表示しているため、情報の中身自体は同じものを表示している。一方モバイルでは内容を要約し直接的なメッセージの伝達が必要。そのひとつの手法が読み手の視線、意図を考えて視覚的に効果的な図や写真等を整理・配列・編集あるいは計画するエディトリアルデザインな一つの正解でないかと思います。 補足 例えばピクトグラムなどもPC、モバイル同じものを使うとPCではなんだか間延びしたイメージするのもユーザーは画面サイズでなくモバイルとPCでは見る姿勢が根本的に違うからだと思います。